共有しやすいナレッジ

さまざまなマーケティング機能の管理が、それぞれに複数の人に任されていると、全体での共有が難しくなります。全体共有をするときには、担当者が新たに資料を作ったりする手間暇もかかるようになるでしょう。元から全体にナレッジが共有されていれば、余計な手間暇は不要になります。

全体が把握しておくべくマーケティングのナレッジやデータが共有されていないと、いざというときに迅速に顧客獲得に動けなくなります。担当者にデータやナレッジを提供してもらうために、待たなければならないためです。担当者がすぐに情報提供できるようにしておけばよいという意見もありますが、それよりもっとよいのは誰もがいつでも情報を把握しておけることです。

いつでも誰でもマーケティング情報を共有できれば、新しいアイディアを持ち寄りやすくもなります。担当者が動き始めてやっと進捗するという効率の悪さから脱却すれば、従来の担当者ですら他に重要な任務にまわることができるのです。全ての人の進化にもつながり、全体的なオペレーションも効率的になってゆくでしょう。

マーケティングのナレッジやデータが広く共有されていると、他部門との連携もスムーズになります。営業とマーケティングなどが上手く連携できれば、さらに効率よく利益を求めていくことができるはずです。