共有しやすいナレッジ

さまざまなマーケティング機能の管理が、それぞれに複数の人に任されていると、全体での共有が難しくなります。全体共有をするときには、担当者が新たに資料を作ったりする手間暇もかかるようになるでしょう。元から全体にナレッジが共有されていれば、余計な手間暇は不要になります。

全体が把握しておくべくマーケティングのナレッジやデータが共有されていないと、いざというときに迅速に顧客獲得に動けなくなります。担当者にデータやナレッジを提供してもらうために、待たなければならないためです。担当者がすぐに情報提供できるようにしておけばよいという意見もありますが、それよりもっとよいのは誰もがいつでも情報を把握しておけることです。

いつでも誰でもマーケティング情報を共有できれば、新しいアイディアを持ち寄りやすくもなります。担当者が動き始めてやっと進捗するという効率の悪さから脱却すれば、従来の担当者ですら他に重要な任務にまわることができるのです。全ての人の進化にもつながり、全体的なオペレーションも効率的になってゆくでしょう。

マーケティングのナレッジやデータが広く共有されていると、他部門との連携もスムーズになります。営業とマーケティングなどが上手く連携できれば、さらに効率よく利益を求めていくことができるはずです。

顧客の獲得に向けて

顧客の獲得は、過去にも未来にも期待が持てます。タイミングを逃さずに顧客獲得に結び付けるには、マーケティングオートメーションが大活躍してくれます。顧客の質を向上させていくことも、マーケティングオートメーションによって管理しやすくなります。

獲得できなかった顧客は、いったん保留にしておくでしょう。しかし、そんな顧客にもニーズが出てくることがあり、再びWebサイトに訪問してきたり、何らかのアクセスを試みたりしてきます。そのタイミングを逃さずに獲得につなげるためには、Webトラッキング機能が役立ちます。また、顧客情報を束ねるリード管理がマーケティングオートメーションによって活用しやすくなっていれば、即時に顧客獲得に動き出せるのです。

顧客の質を高めたり、中長期的に顧客を管理したりするためにも、マーケティングオートメーションが便利です。定期的にメール配信をすると、顧客が購買に向かうタイミングを把握することができます。また、Webトラッキング機能を用いれば、料金ページなどの購買に近いところにいる顧客を見つけることができます。こうした有望な顧客の行動から、見込み客リストを作ることも可能です。

マーケティングオートメーションを導入するだけで、顧客獲得のチャンスが圧倒的に増えてきます。利益に直結できるマーケティング機能といっても、過言ではないでしょう。

マーケティングの種類

マーケティングの手法は、実に幅広く、種類豊富になりました。マーケティングオートメーションの機能も、多彩に用意されています。基本的な機能だけでも10種類近くあり、いかに手動での作業に手間暇がかかるかがわかるでしょう。

マーケティングオートメーションの基本的な機能としては、メール配信、ランディングページの作成、Web上で顧客の行動を分析するWebトラッキングなどが代表的です。顧客の属性や行動履歴から有望なスコアリングをする機能、顧客情報すべてを管理するリード機能なども欠かせません。さらには、マーケティングと営業との連携を図るために、CRMとSFAとの連携機能も必要です。もちろん、さまざまなレポートを出して分析する機能もなければ困ります。

基本機能だけでもこれだけの複雑なマーケティング機能があるだけに、マーケティングオートメーションによって自動化されれば、従来の手動で行っていたリソースを他の作業にまわすことが可能になり、効率化がアップします。さらにマーケティングの手法を増やせば、顧客獲得につながる可能性がありますし、基本的な機能をテコ入れすることも可能です。

マーケティングオートメーションを導入すれば、従来の作業が各段に効率化されるだけでなく、新たなマーケティング分野に乗り出すことも可能になるのです。

マーケティングオートメーション

マーケティングのプロセスが複雑で万能な対応ができず、効率が低下していませんか?インターネットが普及してからのマーケティング技術は飛躍的に進歩しており、進歩した技術についていくことが重要です。しかし現実には、対応しきれないこともあるかもしれません。そんなとき、マーケティング機能を自動化して効率よく生産に結び付けてくれるのが、マーケティングオートメーションです。

マーケティングの機能には、基本的なものだけでも数多くの種類があります。それらのマーケティング作業を手動で行っているうちは、大幅にリソースも必要になり、非効率です。その点、マーケティングオートメーションを導入すれば、幅広い機能のマーケティングを自動で管理することができます。リソースを有効活用することにもつながり、全体を活性化させられるでしょう。

顧客を獲得するチャンスが広がるのも、マーケティングオートメーションの魅力です。今まで逃していた顧客の行動を解析することで、購買のタイミングをつかめたり、質の良い顧客を獲得したりすることも可能になります。中長期的な顧客に働きかけることが容易になるのも、マーケティングオートメーションを導入すればこそです。

従来は担当者ごとに抱えていたマーケティングのナレッジやデータなども、マーケティングオートメーションによって共有が進めば、他部門との連携がしやすくなりますし、効率よく顧客獲得に向かうことが可能になります。